医療用ウィッグを無料試着した体験談

ウィッグの選び方

ウィッグは決して安いものではないので、通販で買うのは躊躇してしまいます。そんなときに便利なのが、ウィッグの無料試着サービス。実際に数社のウィッグ通販会社で提供している自宅試着サービスを利用してみたので、感想をレビューします。

自宅で無料試着ができるのは医療用ウィッグ

通常、自宅で無料試着ができるウィッグは数万円以上する医療用ウィッグです。ファッションウィッグは1万円以下の低価格のものがほとんどなので試着の必要性がないのでしょう。医療用ウィッグは安くても2万円、ハイグレードのものになると10万円以上ということも珍しくありません。高額な医療用ウィッグを通販で購入するのは、失敗したときのこと考えると躊躇してしまいます。

私も通販で約3万円のウィッグを購入したことがありますが、実際に届いてみたら思っていたのと違って、結局使わずじまいという苦い経験があります(幸い、新品だったためヤフオクで購入価格に近い値段で売却できました)。それ以降ウィッグを買うときは専用サロンで試着してから購入していました。

しかし、ここ最近は便利になって、購入前に自宅で無料試着できるサービスを複数のウィッグ販売会社が導入しています。実際に私もこのサービスを利用して通販でウィッグを何個か買いました。

ウィッグの自宅無料試着の体験談

私は3社(リネアストリア、アクアドール、ライツフォル)のウィッグ自宅試着を経験しましたが、基本的な流れはどこの会社も同じでした。そのため、ここでは「リネアストリア」のウィッグ自宅試着について紹介します。

※3社の無料試着の違いについては、本記事の後半で紹介しています

自宅無料試着の手順

1.ウェブサイトより希望のウィッグを選んで申し込む

2.宅急便で届く⇒試着する
早ければ申し込み翌日に届きます。

このような形で段ボールに入って届きます。

ウィッグ2個(2種類選べます)、ケア用品、パンフレットが入っていました。

パンフレットにウィッグの装着方法などが書かれています。

カラーチャートもついてくるので、実際の髪色の確認ができます。

3.返送する
2泊3日以内に返送します。リネアストリアの場合は返送料はこちらの自己負担となります(すべて完全無料のお店もあります)。東京から送った場合は1,490円でした(ヤマト運輸の着払い・発送先は大阪)。宅急便伝票の品名には「衣類」などと書けばOKです(あえてウィッグと書く必要はありません)。

ウィッグ無料試着の注意点

自宅試着できるのは一部のウィッグのみ

ウィッグ会社にもよりますが、たいていは自宅試着できるウィッグの種類は限定されています。そのため、自分が購入しようと思っているウィッグを必ずしも試着できるとは限りません。

気に入ったデザインのウィッグがない場合でもサイズや色などは確認できるので、特に初めてのウィッグ購入の場合には試着をしてから購入することおすすめします。

試着用のウィッグは室内着用のみ

あくまでも試着するためのウィッグなので、ウィッグは室内のみでの利用しかできません。ウィッグをつけての外出はダメです。

無料の自宅試着は1回のみ

無料で試着できるのは通常1回のみです。1回につき2つのウィッグを試せるので、サイズやカラーを2種類選んで比較してみるのがよいでしょう。

自宅でウィッグ無料試着ができる通販会社比較

購入前に無料で試着できるサービスを提供するということは、自社のウィッグに自信を持っているからだと思います。ここで紹介する3社は実際に私がウィッグを購入したこともあり、おすすめできる会社です。

リネアストリア

  • デザインや種類が圧倒的に多い
  • 試着できるのは人毛100% or 人毛ミックス
  • 返送料は自己負担

通販ウィッグで最も知名度が高く、若者からシニアまで幅広いスタイルを扱っています。無料試着できるウィッグも多いです。

>>リネアストリアのご自宅試着

アクアドール

  • 毛質は人工毛 or 人毛ミックス
  • お手頃価格帯の医療用ウィッグを扱っている
  • 往復送料も含めて完全無料

リネアストリアと並んで人気の通販ウィッグの会社です。ウィッグとヘアピースの試着ができます。

>>アクアドール医療用ウィッグの無料試着

ライツフォル

  • 毛質はすべて人毛ミックス
  • 品質が異なる4つのグレードがあり、予算にあったものを選ぶことができる
  • 男性用のウィッグ試着もあり
  • すべての髪型の試着が可能
  • 往復送料も含めて完全無料

ミセス風の髪型が多いので、40代以上の方におすすめです。年配の方の利用者が多いようです。

>>ライツフォルの無料試着

カットは美容師さんにやってもらうのがおすすめ

通販でウィッグを購入した場合、カットなしでピッタリと合うのは稀だと思います。頭のサイズなどによって異なると思いますが、私の場合は、たいてい前髪が長くて、買ったままの状態では使えません。

自分でカットできればよいのですが、素人がカットするのは結構難しいです。実は、買ったばかりのウィッグの前髪を自分でカットしたことがあるのですが、大失敗でした。切り口がガタガタになってしまい、結局美容師さんにカットし直してもらいました。高価なウィッグなのでカットで失敗してしまうのはもったいないですね。

私の経験では、ウィッグをつけた状態で美容師さんにカットしてもらうことをおすすめします。適切なカットをすることでウィッグがより自然になります。

通販ウィッグを買う際にカットのサービスをしてくれるところも多く、それでぴったり合う場合もあります。しかし、それだけではピッタリ合わないこともあるので、その場合にはウィッグを着用した状態で美容院で整えてもらうのがよいと思います。

ウィッグのカットは美容院で断られる場合もあるので、ウィッグのカットが可能かを事前に確認してから行くようにしましょう。

都内にはウィッグ専門美容院がいくつかあります。有名なのは錦糸町にある『Flateaseフラッティス』という完全個室の美容室。私は行ったことがありませんが、ネットなどでの評判がよいです。当ブログにも行ったことのある方からのコメントを頂きましたが、なかなかよい美容室とのことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました